殆どの企業は税法で認められている最終仕入原価法を利用して棚卸をしています。

決算月の請求書を見ながら単価を算定して個数を数えます。税込み経理の場合には税込みで税抜き経理の場合には税抜きで棚卸をします。

棚卸が増えると利益が増えて、棚卸が減ると利益が減ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。